mineo(マイネオ)の料金・特徴

mineo(マイネオ)は、関西の電力会社の系列の株式会社ケイ・オプティコムが2014年の6月からサービスを始めた格安SIMサービスです。
mineo(マイネオ)は、携帯電話キャリア大手2社の回線の中からいずれかを選択できるマルチキャリアサービスを2015年9月から始めました。
mineo(マイネオ)には、大手キャリアがよく行っている2年縛りや余計なオプションサービス契約を前提とした、2年以上継続すると料金が大幅にアップする料金体系を打破する事をスローガンにしていて、格安SIMと格安スマートフォンをセット販売してます。
mineo(マイネオ)の料金プランは、マルチキャリアサービスをしているため、キャリアの回線使用料が違うのかAプランとDプランで若干の料金の差があります。
mineo(マイネオ)のプランはデータ通信量に応じて500MBから大容量の30GBまで全部で7種類のプランが用意されてます。
またショートメールサービスもAプランではデュアルタイプでもシングルタイプでも料金内で内包されてますが、Dプランを選ぶとシングルタイプのみでデュアルタイプでは利用するのに別途サービス利用料が掛かります。
余ったデータ容量を翌月に繰り越しできるサービスは、AプランでもDプランのどっちでも標準搭載されてます。
Aプランの通信速度は受信最大で708Mbpsで送信最大50Mbpsで、Dプランの通信速度は受信最大で788Mbpsで送信最大50Mbpsで若干Dプランの方が受信の感度が良いです。
料金はショートメールサービスが内包されているAプランとショートメールサービスが別料金のDプランのシングルタイプは全く同じ料金です。
基本データ容量が最低の500MBで月額700円で、1GBが800円と上がって行き、最大の30GBで5900円で、データ通信のみのプランが利用できます。
データ通信と通話ができるデュアルタイプでは、AとDのプランで料金の違いがあります。
デュアルタイプのAプランの場合は、500MBで月額1310円で1GB1410円で3GB1510円と上がって行き、最大データ容量の30GBになると6510円になります。
デュアルタイプのDプランは若干高く、500MBで月額1400円で1GB1500円で3GB1600円と上がって行き、最大データ容量30GBになると月額6600円まで上昇します。
ショートメールサービス利用の有無や、受信速度の若干の差や、デュアルプランの料金差の90円で選択できるシンプルなサービスがマイネオの特徴になってます。