格安simに制限はある?

通信回線は新しい社会的インフラです。電気やガス、水道やテレビ等に匹敵する大事な生活必需品となりました。スマートフォンが無ければ一般社会において安心なライフスタイルが送れず、ビジネスからプライベートまで当然あった方が暮らしが捗りますし、携帯電話が無いと非常に不便な毎日になります。

スマートフォンや携帯電話を契約する先と言えば、テレビCMでお馴染みの大手キャリアが有名です。大手企業が提供する通信サービスには安心があり、店舗が身近な場所にあり、スタッフのアドバイスを聞きながら契約プランが選べます。一方で最近はあえて大手キャリアと契約しないユーザーが増えて来ました。

大手キャリアのサービスには安心感がありますが、反対に費用対効果はあまり高くありません。新規契約者向けにはお得なプランやキャッシュバックを提供しており、一見すると非常にお買い得に感じられますが、継続的に利用すると月々なかなかのランニングコストが掛かります。

いわゆる自宅のネット回線の契約料よりもスマートフォンの月額料金の方が高くつく、これは今や常識になっています。安価な形でスマートフォンやタブレットを利用したいと思っている方は大手キャリアではなく、積極的に格安simという新しいサービスを利用中です。

格安simは当初マイナーなサービスでしたが、最近ではいわゆるライトユーザー層にも知られており、ランニングコストが大手キャリアに比べて非常に高いのがメリットです。

もはや仕事と私生活においてネット回線は不可欠であり、その維持費を少しでも安価なものにしたいと考える人々が挙って利用し始めており、数多くの企業が格安simの分野に新規参入を果たしており、今後の成長産業になるでしょう。企業間競争が既に活発に行われていて、競争が激しくなる事でユーザーには、契約料の平均額が安くなる恩恵が得られますのでプラスです。

格安simは新規参入のIT企業が提供するサービスですが、回線自体は大手キャリアのものを借りて運用されています。そのためランニングコストが安価ではありますが、回線のスピードやセキュリティが悪いというデメリットはありません。

simフリーに対応しているデジタル機器であれば、格安simのカードを挿入する事が出来ます。今では大半のスマートフォンやタブレット、パソコンやゲーム機が対応しており、ユーザー側の工夫で月々の維持費を半分以下にする事も夢ではないです。

格安simの気になる点ですが、契約するサービスによっては通信制限があります。月々の通信の量の上限が設定されていて、それをオーバーすると料金が増えてしまったり、通信のスピードが落ちる等、気を付けたいポイントがありますので、契約を思案中のユーザーは予め注意しておきましょう。

通信量は可視化し難いものです。メールやメッセンジャーアプリの利用等であれば通信制限が掛かったり、料金が高額になるデメリットは起きづらいですが、普段からネット動画サイトやオンラインゲームなどをよく楽しむ人々は気を付けなければいけません。

通信速度が平均以下になりますと、ページがなかなか表示されなくなったり、アプリのダウンロードに長い待ち時間が発生したり、サイトへの動画投稿にエラーが出やすくなる等、ライフスタイルに色々と気になる事が生まれます。

他にも格安サービスですので、大手とは違いセキュリティ対策のオプションやサポートの窓口があまり充実していない等、いくつかの違いは見られます。

ただし、ごく一般的なネット利用の範囲であれば、格安サービスの方がメリットが大きいです。デメリットとメリットを天秤にかけて、自分にとって恩恵が大きいようであれば決断を下しましょう。