iphoneはsimフリー化できる?方法は?

iphoneをsimフリー化して格安で使う

iphoneのsimとは購入したキャリアの通信しか使えないようにロックをする小さいチップです。これをsimロックといいます。でも、一定の条件を満たすとこのロックを解除することが可能で、これがsimフリーです。simフリーとはどの通信会社のsimでも対応していれば使うことが出来ます。これを入手したい場合は通信会社を挟まず、アップルから直接購入すると通信会社から購入しているわけではないためどの通信会社でも使うことが出来ます。このメリットはどのキャリアにも依存していないので海外旅行に行った時も現地のsimが利用可能になります。通信会社を経由している場合はショップに赴いて旅行前に手続きをしなければいけなかったりと面倒なことが多々あります。

対応するiphoneの機種と条件

日本でもsimフリーならば、格安simも使いやすくなるし何よりも自分でしっかり調べて自分にあったものを選ぶことが可能で、ロック解除をした製品でも他社のものを利用することができるようになります。この解除には上記で触れたように一定の条件があり、ドコモの場合2015年5月以降に発売された機種で尚且つロック解除対応モデルだけになります。

細かくいうと、iphone6s以降の機種ですが、購入後すぐに解除ができるわけではなく半年が経過していないとできません。正確にいうと購入日から101日目から解除可能で、なぜ購入してすぐに解除できないのかというと購入キャリアにメリットがないからです。でも一括購入ならば、その日のうちにロック解除が可能ですが、長期利用を条件として大幅に端末価格を割り引くサービスを利用している場合は一括購入でもその日のうちにロック解除はすることはできない決まりになっています。

そのほかにもキャリアとの契約で購入履歴が確認することができることや、故障した場合は修理が完了していることなど色々な条件がありますが、この条件は各キャリアのホームページなどで確認することが出来るのでこれを参考にします。また、分割払いの場合支払い残高が残っていてもロックの解除は購入から101日目からの条件にそって解除可能となりますが、101目を過ぎていても法人契約だったり料金の滞納があったり、中古で購入して本人以外が解除する場合などの例外のケースはその限りではないため各キャリアのホームページなどを確認してsimフリー化させます。

simロックの解除をしても今すぐ解約する必要はない

このsimロック解除とは通信会社の解約ではないため、これをしても今まで通りキャリアの契約を継続して使うことが出来ることが魅力です。キャリアメールも以前のまま使うことが出来るので、このことでわかるように、解除することでメリットはありますがデメリットはないです。101日目を経過したら解除だけしておいて自分なりに調べたり考えたりじっくり後悔しないように考えてから格安simに乗り換えることができることがうれしい点となります。乗り換えた時点で回線の契約を解約することもできます。解除だけしておいて日本国内では今まで通り使って、海外旅行などに出かけたとき限定で出かけた先のsimを使うこともできます。

保障や修理も受けられます

解除したからといって保障や修理が適用されなくなるわけではありません。これは今まで通り適用されます。この解除には二種類あって自分で作業するか店頭で手続きする方法が選べます。基本的にいままでのデータが消えることはありませんが、万が一何かあった時のために事前にバックアップをとっておくほうが無難といえます。各キャリアの店頭で手続きする場合は3000円の手数料が発生し、契約の時のように店が混んでいると待ち時間が長いことが欠点ですが、自分の順番が回ってきたらすぐに終わるくらい簡単な作業のため、自分でする場合は手数料は発生しないし、自宅ででき待ち時間がないことがメリットです。ただし、契約キャリア以外のsimカードが必要になってくるため注意が必要になります。