mvnoって何?

mvnoって良く聞くけど・・・一体なに?

通常、携帯電話会社は基地局を設けて独自の通信回線によるやり取りを行います。このインフラを用意したのが三大キャリアと呼ばれる通信会社で、誰もが聞いたことのあるNTTドコモやau、ソフトバンクになります。しかし、現在はSIMフリーと共にmvnoが一般的となっており、契約できる通信会社が増えてきているのです。

ここで気になるのがmvnoですが、正式名称は「Mobile Virtual Network Operator」で、日本語にすると「仮想移動体通信事業者」となります。この事業者はすでに設置された通信インフラを借り受け、様々なサービスを付加することで対応する企業のことを指します。初めて日本で登場したのは2001年、当時は三大キャリアが圧倒的なシェアを誇り、その影に埋もれていたのですが、SIMフリーが知られるようになると同時に、契約会社を自由に選べるようになったことから日の目を浴びるようになったサービスです。

スポンサーリンク

simフリー時代の到来

mvnoが有名になった理由にSIMフリーの登場は外せませんが、もちろんそれだけが理由ではありません。そもそも通信回線を借り受けることによって必要なインフラを用意する必要がないため、設置のための莫大な予算を投じずに済むようになります。結果的に企業の参入がしやすくなることで事業者が増え、通信料金の価格競争が始まります。現在は三大キャリアをはじめ多くの事業者が料金設定を見直し、1,000円以下で使える格安SIMが生まれるようになったのです。

料金が安い仕組み

ちなみに、mvnoが安い料金になるのは、店舗を持たないのが基本となっていることから、接客のための人員や店舗費用などがかからず、大幅なコスト削減が反映された結果でもあります。料金が安いのが最大のメリットですが、ただ安いだけでなく自分のスタイルに合わせて料金プランが選べるのも特徴のひとつです。これまで携帯電話の契約をすると、料金プランは通話プラス通信量といった具合に全てがセットになるのが基本でした。これに機種代も追加されることから、かなりの費用となっていたのです。しかし、各通信事業者は通話とインターネット通信を切り離して料金プランを作り、データ通信のみの契約も可能としています。これにデータ通信の制限を設けることで、メールやちょっとしたインターネット通信しかしない人のためのプラン、ゲームや動画を視聴するなどヘビーユーザー向けのプランなどに分けられるようになります。月に2GBまで高速通信が可能、あるいは20GBまで通信ができるなどのプラン設定によって、自分が利用するスタイルで契約できるようになっています。

賢い使い方

さらに格安のスマートフォンと合わせることで、機種変更時のコストを大幅に下げることが可能です。契約自体もインターネット上で行うことができ、データ通信専用プランなら解約金を請求されることもほとんどありません。これまで契約していた携帯電話だと2年以上継続しなければならず解約すると違約金がかかるといった縛りがありましたが、mvnoには契約期間の取り決めがないため、一方の会社を試しに使用してみて、気に入らなければ別の会社に乗り換えるといったことが気軽にできるのです。ただし、店舗を持たない弊害として、手厚いサポートを受けることができず、機種設定などの面倒な処理を自分で行う必要があります。電話による案内は可能ですが、実際に見てもらうことはできないため、携帯電話などの機械が苦手という人には辛い選択になるでしょう。mvnoはインターネット通信に対して安い料金プランが豊富ですが、通話料が若干高めになる傾向にあります。それでもデータ通信プランの選び方次第で月額料金を安くできるので、プラン選択が楽しめるという人なら便利に利用できるでしょう。