au回線の格安sim・mvno

au回線で使えるmvno

大手の携帯によるキャリア契約では、月額の利用料金が6,000円以上することも珍しくなく、auも大手の携帯キャリアの一角で例外ではありません。そのため月額の利用料金を大幅に抑制したい場合は、格安simを活用することが適切となり、月々の料金も1,000~2,000円台にすることも可能です。格安simの特徴は、通信会社の無線インフラを借りて多彩な通信サービス事業を展開している実態が存在します。もっとも傾向としては、docomo回線を借りて事業を行うmvnoが多く存在するのが特徴としてあります。しかしdocomoほどではないないもののau回線を借りるmvno事業者もあり、auユーザーの方が格安simを利用したい場合にはそのままauの機種を利用することができる点でメリットです。そのmvno事業者は2016年にIIJmioからサービスが始まり、UQ mobile、mineo、Fiimoと増えています。

現在の回線の解約タイミングが重要

格安simの恩恵を最大限受けるためには、乗り換えるタイミングが重要で2年ごとに更新期間が存在します。その更新期間以外の期間だと契約解除料が発生してしまうため注意が必要です。他に必要な事には同じ電話番号を利用する場合にはMNPの手続き、新たなsimを使うことになるため、機種のsimロック解除の手続きの二つも必要となります。実際に著名なmvno事業者は、盛んに宣伝でも展開しているmineoがあり、そこでは500MB・1GB・3GB・5GB・10GBといった具合に通信データ量を豊富に選択出来る点です。1ヶ月のトータル的な通信量に応じて選択することができる点でも優れています。

au回線の代表的なMVNO

  • UQ mobile
  • IIJmio
  • Fiimo
  • mineo

UQ mobileでは通信速度で選ぶと優れ、シンプルで解りやすいプランが用意されているのが人気です。IIJmioとFiimoもデータ専用プランと音声通話プランの二つに分かれており、980~3,000円台まで多彩に富んだプランが用意されています。au回線で格安simを扱っているmvno事業者は2018年6月現在で4社に集約されていますが、au端末を所有している方ならsimロックの解除もせずに使用することができる点で優れています。使い方によっては、毎月の大幅な利用料金の節約に結び付くことになり、年間でも約10万円近くも安くすることができる場合もあります。従って大手キャリア携帯会社による利用の仕方を見直して乗り換えをする他に、複数台の端末による利用を検討する方法も存在し用途によって分ける方法もおすすめです。